1.一生一週間

「一生一週間」とは、日本人の平均寿命を12年で区切ると、ちょうど1週間になると考えることだ。 『人生の1週間』を前提に考えると、生き方、仕事の仕方が自ずと変わってくるという。 しかし、普通の人は、圧倒的に『目先の1週間』を基軸に人生を過ごしているらしい。

厚生労働省が発表した平成18年簡易生命表によると、平均寿命は、男性79.00年、女性85.81年である。多くの人が約80年の人生を送るのである。 生まれてから平均寿命までを12年で区切ってみると、1週間で表現できる(図1)。

人生を1週間で表現したときの図
図1:人生を1週間で表現したときの図

人は、月曜に生まれ、火曜の12歳で中学入学をし、水曜の24歳付近で社会人デビューをし、一般的には定年を迎えるまで水・木・金曜を働く。 土曜の60歳で多くの人たちが定年退職を迎え、その後の土・日曜は余生を送ることになる。
まさに、『人生週休2日』が基本となって生きているのだ。

そう考えると、人生の中で、働いているのは「水・木・金」のたった3日間だけである。 実はこの「水・木・金」が人生の大きな方向性を決めると言っても過言ではない。

しかし現実的には、『目先の1週間』を基軸に考え、週末(土日)の休みを楽しみに、週中を流しながら生きている人が多い。 つまり、週末のために平日を犠牲にしている感覚をもっている人がほとんどだ。

だが、『人生の1週間』を基軸に考えていただくと、平日の水・木・金曜日をいかに過ごすかが、大切になってくることが分かる。 またその3日間の中には、仕事の他にも、睡眠や食事をとる時間も含まれている。 就業時間を8時間と考えると、働いている時間は24時間の3分の1である。日換算では実働1日(年換算では36年中12年)。 残業を1日3〜4時間行ったとしても、1.2日くらいしかならない。
いかに人生の中で時間が少ないかを思い知らされる。 『目先の1週間』を基軸に考える人は、週末以外にも祝日・連休(正月、夏休み...)・有休など 「いかに目先の休みを取るか?」を考えて動いているため、驚くほど実働日が少ない。

多くの人がこう考える中、『人生の1週間』を基軸に過ごしている人は、目先の1週間に基軸を置く人たちに流されることなく、 限られた「人生の水・木・金」を集中し、「人生の土日」をゆっくり休めるよう努力している。 『人生の1週間』を基軸に置く人たちの特徴は、平日の疲れを週末に整えようとする。

『人生の1週間』で充実した週末を過ごすのであれば、「残り時間は少ない、今を集中しよう。」と考える。 要するに、将来の休みのために、今頑張っておくことができるのである。

弊社の社長は、現在44歳で木曜日にいる。
35歳で独立し、会社を創業した。立ち上げから3年間は、休み無く、猛ダッシュをしたという。
今では、大手有名企業を中心に、クライアント企業が400社以上。 さらに50万人以上が受診したWeb診断を自社開発・提供する会社に成長した。
社長の理想は、「人生週休3日」と考え、48歳までの残り4年間で勝負しようとしている。
私達には、人生の木曜日を新幹線のようなスピードで走っているように見える。

この話を聞き、私は、いかに人生の中で使える時間は少なく、どう突っ走るか?、を考えさせられた。

さて、皆さんは『人生の1週間』を基軸にするのか『目先の1週間』を基軸にするのか、どちらを優先しますか。
どちら?

今日は、社長の44歳の誕生日。記念すべき日に「人生黄金律」をスタートしました。(作成者:市野)

人生黄金律では、更新情報・お知らせのメール配信を行っております。
 更新情報・お知らせメール登録はこちら

ご意見・ご感想など、コメントをお待ちしております!
 コメント書き込みフォームはこちら

皆様からのコメント

会社社長
私はいつも、人生を12時間(1時間=6年)で捉えて考えてきました。午前6時頃誕生し、7時に小学校入学、8時に中学校入学、、10時に就職して社会人となり、11時に結婚、12時に3児の父となり、現在57歳午後3時過ぎです。残りあと2時間、実質働けるのは1時間足らずです。若い頃は陽が長かったのですが、夕陽はあっと言う間に沈んでしまいます。そこで、一期一会の精神で、日々過ごしています。菅原社長の考え方にはある種の共鳴を感じます。
会社社長
私は今年の1月末から木曜日が始まりました。一週間で木曜日というと、週末が近く感じます。また、子供の頃の一日と、社会人になってからの一日の長さを比べると、社会人になってからの方がとても短く感じるという「体感時間」の早さも気になります。時間は有限。大切にしたいと思います。
会社社長
41歳の若さで社長に就任したカネボウ化粧品の社長は、30代から”40歳になるまで何日”という時計を使用していたそうです。一生一週間の法則を知っているからこそ、だと感じました。やはり、優秀な経営者の方は皆この法則を理解しているのですね。
コンサルタント
働き出してからまだ何年、まだ20代だから、まだ30代だから・・・という言い訳は通用しないということを痛感しました。
人事の方
1週間を人生に例えられる社長のお考えは素晴らしと思います。
私は今年36歳になり水曜日最後の年になります。
木曜日を充実した日にするために今年1年、成果を出す行動をとっていきます。
気づきを戴きましてありがとうございます。
人事の方
御社の社長の考えにとても共感しました。
会社社長
人生一週間という考え方、なるほど!と思いました。

第0弾:TOP | 第1弾:一生一週間 | 第2弾:アップダウンの法則
第3弾:自由の法則 | 第4弾:市場価値の法則 | 第5弾:海とプール
第6弾:人生トーナメントの法則 | 第7弾:金鉱脈の法則 | 第8弾:マッサージの法則
第9弾:納期と集中力の法則 | 第10弾:切り身の法則 | 第11弾:そろばんの法則
第12弾:旬と鮮度の法則 | 第13弾:ボトルキープの法則 | 第14弾:勝負パンツの法則
第15弾:週末のマドンナの法則 | 第16弾:人生5W1Hの法則